キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 うつ病患者に対する接し方のポイント : もしかしてうつ病と思ったら

もしかしてうつ病と思ったらメイン

うつ病にかかった人に対する接し方のポイントは、話をよく聞き、感情をコントロールして良い部分に目を向けることです。

うつ病患者に対する接し方のポイント

うつ病になりやすい人の特徴として、一般的に言われている性格は、まじめで責任感が強い完璧主義です。

うつ病にかかった人は、やる気がなくだらだらとして見えるものですが、本来は正反対の性格だということです。

うつ病患者の多くは、大変まじめな働き者なため、働くことのできない状態が辛くて堪らないので、そのような人に対して、周囲の人がむやみに叱咤激励をすることは、うつ病にかかっている人をさらに追い込むことになるため危険と言われています。

それでは、うつ病の人とはどのように接したらいいのでしょうか?。

まず話をよく聞き、その上で相手に深く共感することがを大切です。

相手の味方であることを示すと同時に、人間味のある温かさで包んであげることを心掛けて接するとよいのだそうです。

一緒になって泣いたり怒ったり焦ったりするのではなくて、しっかり自分の感情をコントロールしながら、相手の良い部分、健康的な部分に焦点を当て、評価してあげることがポイントです。

また、うつ病が良くなるには時間がかかるため、そのことを周りの人はあらかじめ覚悟しておかなければなりません。

うつ病にかかった人は精神科、心療内科などで受診することも大切ですが、それ以上に家族や周囲の人の理解とサポートが、一番の支えになるものです。

周囲の人が、忍耐を持ってしっかり支えてあげましょう。