キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 うつ病患者が示す自殺のサイン : もしかしてうつ病と思ったら

もしかしてうつ病と思ったらメイン

意外に歴史のあるうつ病。自殺のリスクが高いため、患者が示すサインに注意しておきましょう。

うつ病患者が示す自殺のサイン

うつ病の患者は先進国に多くおよそ3億5千万人、日本にはおよそ100万人いると言われています。

現代の病気というイメージがありますが、歴史は古く憂鬱が人類に始めて表現されたのが紀元前10世紀ごろ。

遺跡や古文書に憂鬱と見られる表現がされていることが認められています。

非常に長い歴史があるうつ病ですが、相変わらずうつ病患者は、複雑化した現代的なうつ病と、まだまだ足りない周囲の理解不足に苦しんでいます。

うつ病患者に自殺願望が生まれやすいことは有名ですが、特に男性に多いのが特徴で、内閣府が発表した平成24年4月のデータによれば、自殺者の総数2,228人のうち、男性は1,565人であり、女性の663人の2倍以上。

こんなに開きがあるのだそうです。

うつ病患者が家族にいる方は患者が発する自殺のサインを覚えておくことは必須でしょう。

非常に差し迫ったサインとしては、今まで辛そうに毎日を送っていたのに、急にスッキリしたような表情をする、唐突に感謝の言葉を口にする、など様々なものがあげられています。

残念ながらすべての人が何かしらサインを発するわけではありませんから、それを念頭において注意したいものです。